Fusako_blog

ボディワーカーFusakoのブログ!

自分で感じるPilatesとYamuna…呟き

自分で感じるPilatesとYamuna。

ピラティスは、やっぱり学習だと感じる。

「動かない身体の部分は練習してどうにかしろ」と昔トレーナーに言われて「練習時間を増やす。」

練習時間、負荷を考えてやっているけれど、そのラインがいつも曖昧になる。そして悪い結果として翌日の筋肉痛、痛みに繋がる。そんなフィードバックを繰り返しながら行うエクササイズが私にとってのPIlates。

Yamunaは練習する時間ではなくて、ボールの圧をどこまで身体が気持ちよく感じているかを探りながらのワークとなる。筋肉の繋がり、関節の可動域も考えながらも体感としてエネルギーの流れるスペースがあれば心地よくなるし、無理な時は、詰まっている感じがする。そう、やはりカテゴリーが全然違う。

Yamunaのボールを身体に滑らしていくって、すごい身体バランスが必要なんです。ヨガやピラティスやっている方は、スムーズにこのワークに入れますが、そういうワークの経験が浅い方、苦手な方は、Yamunaのボールに乗ること、そこで動くこともすごいワークになります。身体バランスが整う過程を味わいながらボールを動かせばいい。

Joseph Pilates氏の「Your Health」に書かれている内容とは、かけ離れて発展してきたピラティスの歴史を考えるとピラティスが進化したとは個人的には思えない。歴史は造られる。きっとPilates氏の後継者さんたちによって変化しながら発展してきた結果が今のピラティスのような気がする。

今の日本では、一般の方はピラティスの流派にこだわらない。ピラティスであればいいのです。自分の身体にフィットするピラティスであればいいのです。そういう意味では日本人は、すごくボディワーク的な生活をしていると思ってしまいます。でもなぜ?ボディワークというと敬遠するのかな?身体のロジックに対して考えるというのが苦手なのかもしれない。「運動さえしていれば、身体を動かしていれば健康でいられる」というその考え方の根深さを感じます。そういう私もそうでしたが。それに気がつくか気がつかないか。

IMACのメソッドに触れて、エネルギーの流れのない身体は色々な問題が起きるということを改めて体感もできたし、考えることもできるようになった。

そう、最初のヤムナジャパンの創始者、石川氏は「エネルギーの通り道を作っていけば、身体は健康になる。エネルギーをスタックするために痛みが起こる。」と言っていた。今日、そのメモを久しぶりに見直している。あの時は、この言葉の意味がよくわからなかったのに。

On GoingでUpデートされるのがセルフケアメソッドだとも言っていたな〜

UA-146771607-1